1月15日新弾カード紹介

f:id:huguusuki:20220112200641p:plain

 

まずはバトルアリーナ6thお疲れさまでした。歴代でも使用デッキの分布が分かれる結果になりました。これを受けての修正は‥‥あるんですかね?破壊龍神は今後採用率が下がれば見逃されそうではありますが、下がるかは不透明。アポロは殿堂入りしても大会制覇とバルケリオススタン落ち前に最後の花火を撃ち上げる結果に。グランドデビルの活躍は嬉しいところ、聞いたところによるとブロック決勝ぐらいまでジャイアントが勝ち上がったとの情報もあるので環境読みや構築で様々なデッキが活躍できるいい環境なのかなと思います。

そんな環境を維持できるのか崩壊させてしまうのか新弾カードが続々と発表されてきました。

 

画像

 

まずは”ノーブル・エンフォーサーTCG版同様クロス時の能力がクソ弱い代わりに非クロス時が強いギアがついに実装されます。クロス時も強化されていますがクロスはしないでしょう。実質的な変更点は2000以下にブロック不可が追加されました。

このカードは数少なく環境に入ったギアです。2000以下は攻撃できないというロックを掛けることで速攻メタとして活躍しました。ライフからつなげれば3T目に、ライフ→ギフトアマテラスで4T目に着地と速攻・ビートダウンに間に合う速度で攻撃を抑止することができます。現デュエプレだとザンゲキがクロスされていない小型サムライ、黒緑速攻の小型獣に刺さるなどTCG版と変わらない活躍が期待できます。

一方でパワー2500以上には無力なので赤緑速攻のような3000以上も多いデッキやゴッドで攻める5Cなどのデッキには無力と刺さる場面が限られるメタカードの域を出ません。なのでデッキに2枚前後入れるカードという事になります。

他、強化されたブロック制限もジャック・アルカディアスを無視できるというのは地味ながら便利。青ガントラのアマテラスから出すギアとして候補になりそうです。

環境次第では見るカードになりそうです。そうなったらサムライはサムライの数が減ることを承知で獅子幻獣砲を入れる、ダルマンディなどのパンプアップカードを入れて対策の対策をすることになりそうです。

昨日のイモータル・ブレードがマイナーデッキの逆転手段ならエンフォーサーはガチ環境においてメタカードとして活躍するカードという立ち位置になりそうです。

 

画像

 

2枚目はTCG版殿堂入りカードの”カラフル・ダンス”が発表されました。弱体化は置かれたマナがタップインする、墓地肥やしがコストが大きい順にランダムに墓地へになります。

TCG版ではアンタップでマナが置かれるという事で5マナあるときにカラフル・ダンスを撃って墓地にbロマ+黒獣3体を置きヴィルジニアでBロマをリアニメイトするという動きが1T中にできるぶっ壊れカードでした。墓地肥やしメタが一切効かないこの動きで環境を荒したためにカラフル・ダンス殿堂入り。現TCG版でもアンタップでマナが置かれるとバグった挙動をする可能性が高いので解除はなさそうです。というか4マナのカードがカードを10枚動かしている時点で現代でも通用するアドバンテージ量なんですよね。

という事でデュエプレでは種々の弱体化をされました。アンタップ仕様でマナが置かれないので対策する側としては返しのターンに墓地をリセットする余裕が生まれ理不尽さがなくなりました。一方で墓地肥やしは条件があるランダム化と使う側としては狙ったカードを必ずしも墓地に落とせる保証がなくなり構築を工夫する必要が生まれました。

デュエプレでは大量墓地肥やしのカードが少ないので墓地に沢山のカードを落としたいデッキではTCG版と変わらない活躍が期待できそうです。

 

画像

 

3枚目からは生放送内で発表されたカードになります。まずはオリジナルカードの”邪眼銃士ディミトリ卿”。

主な能力はターン終了時にロマノフを1枚ランダムで墓地に落とす能力、2枚目以降は落とせないですが山札の上から1枚を墓地肥やしと確実に1枚墓地が肥えます。この手の能力ではターン開始時が多い中ターン終了時なので出せば1枚肥やせる可能性が高く、コストは3である程度気楽に出せるカードです。バトル後破壊されるのもLO切れ防止に役立ち、ブロッカー能力でビートダウンに時間を稼ぎつつ破壊されて墓地が肥えるのもグッドポイント。パワーも3コス4000と高めでガントラと相討ちできる黒のブロッカーとして使えます。

一方でロマノフの墓地肥やしがランダムなのが気になるところ。ロマノフの名を冠するカードを複数種入れることが難しくなりデッキ構築が難しくなりそうです。こういう時こそ探索の出番なんだけどなぁ‥‥

はてさてディミトリ卿はロマノフサポートとして使われるのか新規ロマノフに注目です。

画像

 

ここからはデュエプレでは新規能力となる墓地進化のおさらいから。墓地進化は進化元の指定が墓地のクリーチャーになっています。という事で墓地を肥やすという事前準備が必要な代わりに普通の進化獣ように頭数が増えない、マナ進化のようにマナが減らないなどのデメリットがない進化方法です。墓地さえ用意できていればSAと同じ奇襲力を持ち、強いカードが多数登場し神化編で登場した新規進化システムの中で最も活躍しました。

 

画像

 

墓地進化最初の1枚は”暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ”でした。基本スペックと能力はTCG版と変わらないです。進化獣は除去の対象外なのでうっかりしていると不発になります、またロマノフの名をもっていますが種族にナイトがないのでヴィルジニアからは出せません注意しましょう。

上のディミトリ卿、次のB・ロマノフを考えるとB・ロマと併用しにくいなぁと感じてしまいます。ディミトリ卿が探索なら組み合わせられるんだけどなー。他だと能力が堅実過ぎて入るデッキがなかなか見つからないです。単純に除去が欲しいならデモハンでOKな事が黒系のデッキでは多いのでTCG版ではあまり環境にはいなかったカードです。

生かすとしてはやはり種族:デーモン・コマンドでしょう。墓地さえ用意できれば実質確定除去のクリーチャーとして運用できて、発表済みのベルヘルデガウルも進化獣が踏み倒し範囲に入ったことで相性が良くなりました。墓地も黒1体あればOKなので自爆したデスライオスを種にして連デモのアタッカーとしても活躍できそうです。

堅実ゆえに埋もれがちなヴァーズ・ロマノフ、環境に食い込めるかどうかは連デモ次第なのかなと思います。

 

画像

 

最後の1枚は12弾環境に入る大本命の一角”大邪眼B・ロマノフ”が公開されました。デュエプレ環境の高速化を受けてコストが-1されての実装でより使いやすい形で実装されます。

目玉のハンデス能力は山札の下送り、このためザークピッチなどのマッドネス無効のハンデスとして環境で活躍しました。デュエプレでもランダム山札の下送り、MBもハンデス枚数を調節できると小回りの良さは維持されました。

TCG版ではカラフルダンスからヴィルジニア卿を1Tで決めて最速4T目に3ハンデスしながら12000のTBが殴りかかってくるという恐ろしい動きで突撃してくる強力な進化獣でした。

デュエプレでも同じような活躍が期待できるでしょう。コストが-1され手打ちがしやすくなり、墓地肥やしもカラフル・ダンスが同時実装されるのでTCG版のような理不尽さはないですがかなりの速度で場に出せることに変わりはありません。

一方課題としては手打ちなら墓地に3体の黒獣が必要でヴィルジニアからリアニメイトするには更にB・ロマを墓地に落とす必要があり手間がかかります。カラフル・ダンスの墓地肥やしが高コスト順ランダム化しB・ロマが6コスになったことで受け札のデモハンが墓地に落ちるという事故が発生する可能性もあり安定性がTCG版より落ちています。

なので墓地肥やしのサブラインは必須になりそうです。カラフル・ダンスを使うとなるとなると初動のダークライフ、上のディミトリ卿、B・ロマがドラゴン持ちなのでゲーネフ卿の探索化を固定して落とすなどが考えられそうです。墓地に落とす黒獣は定番のグールジェネレイド、多色ならトリプルマウスなど3枚種が必要なので多めにデッキに入れることになりそうです。

もう一つの課題は盤面干渉しないことなので闇文明を生かして他の除去系の大型獣を入れる必要がありそうです。黒緑軸でマナも増やすなら墓地肥やしにもなるデス・ドラゲリオン、赤を混ぜて破壊龍神や竜極神を入れるなどで対応するのかなと思います。

非常に強力な大量ハンデスカードのB・ロマノフ、果たして環境に食い込む構築はどんな形になるのか新弾環境中心になりそうなカードが発表されました。

 

次回大会は春開催という事で13弾環境でTCG版の神化編のカードが出そろった環境になりそうです。12弾環境だとNEXとかが実装枠の関係でまだ強化が必要‥‥という可能性があるので良い判断かなと思います。この辺りはTCG版のシリーズの区切りで大会をやった方が新規ギミックで強いカードを揃えられるのでね。一方でまたNDなんですよね‥‥去年はあの時期はADの大会だったのでADかなぁと思っていました。不遇好きとしてはゲームプランが大幅に変わる覚醒編のサイキック実装前にAD大会を開催してほしいのですがはてさてどうなる事やら。

そしてカード発表の方は今だ光文明が1枚も発表されていません。PVを見るに12弾の光文明はそこまで気合を入れたカードが少なそうですが‥‥日曜日に1枚は発表されて欲しいですね。

頑張って毎日再録のカード紹介をして行きます。Twitterからもチェックできるのでよろしければフォロー、いいね、リツイートをよろしくお願いします。